2007年06月08日

ウィキペディア その3

【メディア・リテラシー】

出典はウィキペディア(Wikipedia)です。文章の改変はしています。



メディア・リテラシーとは、情報を評価・識別する能力です。

発信された情報には何かしらの偏りがある事を理解する必要があります。情報に一方に偏った情報をそのまま鵜呑みにしていたのでは、その物事に関する正しい知識を身に付ける事は難しくなり、また間違った情報をそのまま信じてしまった為に、何かしらの不利益を被ってしまう可能性も十分予想されるので注意が必要です。

よって、各種の背景を読み取り、情報の取捨選択を行う能力が求められます。そしてこれが、先の「情報を評価・識別する能力」となります。


●情報の偏り

・表現手法による情報・印象操作の可能性

たとえばテレビ・ニュースの一コマにおいて、その構成や編集によって、事実から大きくかけ離れた印象を受ける可能性があります。

・表現者の立場による情報の偏り

マスメディア等から発信される情報が、その立場によって違う見方となることも理解する必要があります。

・語られない情報の存在

テレビや新聞のニュースで触れられない情報の存在も常に念頭においておく必要があります。特にマスメディアでは広告主の批判をすることは、極めて難しい。



posted by 喜々 at 00:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | 記事
この記事へのコメント
ちくびくんって大学でどんなこと勉強してるん?


無限にある情報のうちどれを取り上げるかっていうフィルターは結構どこでも似たような感じになっちゃってるよね
だから情報の偏りがなくならない

ネットだってそういう傾向があるからなぁ…
りてらすー重要だす
Posted by ゆいぶー at 2007年06月08日 01:30
>テレビや新聞のニュースで触れられない情報の存在

あるんですよねー。
日本の船に、アメリカの潜水艦がぶつかって死亡者が出たときはマスコミ大騒ぎだったのに、
日本の船に韓国籍の船がぶつかって死亡者がでたニュースはほとんど話題にならなかった。。。
Posted by おりぶー at 2007年06月08日 09:43

訂正。

×韓国籍の船→○パナマ船籍の韓国の貨物船

詳しくは
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/1917/

あとはご自身のメディア・リテラシーで判断してください。
Posted by おりぶー at 2007年06月08日 10:11
喜々さん☆ こんにちは〜

知幸(ともゆき)とです♪

そうですね、メディアは
明らかに視聴率を狙うため、
過剰表現などが、ありますからね♪

すべてを信じていては、
痛い目に遭うナリ(汗)

では また訪問しなさいと、
祖先の霊が言っているので、
訪問します♪ 応援☆”
Posted by 情報商材アフィリエイトの極意教えます☆知幸 at 2007年06月08日 12:50
>コピペなんですよ

なんですか・・・?
Posted by あこぶー at 2007年06月08日 21:00
どこへむかってるなりか?
Posted by けん at 2007年06月08日 21:46
喜々さんは、アゲサゲ王国に向かって突き進んでいます
Posted by ゆいぶー at 2007年06月09日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43984972

この記事へのトラックバック
copyright「アフィリエイトって何?」から始めて稼ぐall rights reserved. copyright「アフィリエイトって何?」から始めて稼ぐall rights reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。